読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月12日

こんにちは。久しぶりの投稿です。
観覧ありがとうございます。

これからは読んだ本についても書いていこうと思っています。

その第1回目として今回は、

「英国王室御用達 知られざるロイヤルワラントの世界」

f:id:kazu19b5y333:20150512232537j:image

を読んだ感想を綴ろうと思います。



僕は、イギリスの靴が好きなのが理由でこの本を読んでみました。

ロイヤルワラントの紹介を通して、イギリスの文化、国民性のようなものが少しわかった気がします。

伝統を大切にし、その伝統を伝えていく事の重要性を説いていました。

イギリス人は新品の物を好まず、新品の物を最初は少し乱暴に扱うことで、あたかも使い込んだようにすると、聞いたことがありました。

イギリスでは、靴を含め、ブラシ、スーツ、他にもたくさんありますが、物に対して、使い込む、同じものを何年も使うという事が、文化として根付いていると思います。

100年単位で歴史を持つメーカーがいくつもあるイギリスはとても素晴らしい国だと思いました。

作り方、製法も創業当時と変わらないというメーカーもあり、驚きました。

その物作りを支え、伝えているクラフトマンシップとロイヤルワラントという制度は素晴らしいと思います。

日本にも昔は宮内庁御用達という制度があったようですね。

この本を読んで、
イギリスに行ってみたいと思いました。

気になる方はぜひ読んでみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。